予防・クリーニングPreventive

Prevention of caries and periodontal disease by cleaning クリーニングによる虫歯・歯周病予防

クリーニングによる虫歯・歯周病予防

歯のクリーニング

日常で歯磨き(ブラッシング)をしていても、歯の汚れは全てを落としきることができません。落としきれなかった汚れは歯垢(プラーク)となり、その後に歯石となってしまいます。

歯垢(プラーク)は毎日、丁寧にブラッシングしていれば歯垢(プラーク)はつきにくいですが、歯垢(プラーク)が歯石になるまでに2日と言われており、磨き残しの部分があると、歯垢(プラーク)を歯石化させてしまいます。


一度、歯石化してしまうと表面が凸凹して、さらに歯垢(プラーク)がたまりやすくなっています。そして、気が付かないうちに歯石がどんどん増え続けてしまいます。歯石になってしまうと歯磨き(ブラッシング)では落とすことができず、そのまま放置してしまうと歯周病の原因になってしまいます。歯のクリーニングは歯垢(プラーク)や歯石を取り除くことができ、定期的に行うことによって虫歯や歯周病の予防になります。

歯のクリーニングの効果

虫歯や歯周病の原因となる「歯垢(プラーク)」や歯石を取り除いてくれるのがクリーニングです。クリーニングによって虫歯や歯周病の予防をすることができます。
保険診療では「歯垢(プラーク)」や歯石を取り除くことしかできませんが、自費診療の歯の着色除去を行う(PMTC)ことと、本来の歯の輝きを取り戻すことができます。

「保険適用」「保険適用外(自費診療)
                                のクリーニング

歯のクリーニングには「保険適用」「保険適用外(自費診療)」のクリーニングがあります。
診療時間や料金は変わってきます。


「保険適用」のクリーニング

一般的にはスケーリングいう歯石の除去がメインです。
スケーラーという専用の器具を使い歯石を削り取ります。


「保険適用外」のクリーニング

歯の表面の着色や歯の表面の汚れを落とします。



エアフロークリーニング

超微粒子撥水パウダーと水を同時に吹き付け、歯の汚れを落とします。通常のクリーニングのみでは、落としきれないタバコやコーヒーの汚れが対象となります。クリーニング後は、PMTCで歯の表面を磨き、再着色を防止します。

PMTC(プロフェッショナル・テクニカル・ティース・クリーニング)

専用の器具を使い、毎日の歯磨きで落とすことのできないバイオフィルム(細菌の塊)を除去することができます。それにより、虫歯や歯周病の予防につながるため、予防歯科で扱われていることが多くあります。

また、歯の表面を磨き上げるので、個人差はありますが、着色汚れや、黄ばみなどが消え歯の白さを取り戻すことができ、クリーニングの後も汚れが付きづらくなる効果もあります。

CONTACT

06-7638-1212メール相談