小児歯科Pedodontics

Make a treatment to protect the child's teeth お子さんの乳歯や永久歯を守る治療を行います

お子さんの乳歯や永久歯を守る治療を行います

小児歯科とは?

虫歯とは イメージ画像1才から12才までのお子さんを対象として、乳歯や生え変わった永久歯の虫歯予防や治療、歯並びや顎の発育の経過観察や定期健診などを行っています。乳歯を守ることは、永久歯の成長、スムーズな歯並びの形成へとつながっていきます。歯科医師の治療はもちろんのこと、衛生士によるブラッシング指導、食生活のアドバイスも行いながら予防を徹底します。

歯や歯ぐきの炎症の可能性の高いお子さんには、1、2ヶ月に1度の PMTCをお勧めしております。PMTCは親御さんだけでなく、お子さんにも効果的です。また、当クリニックではキッズルームを設けており、待ち時間に安心して過ごしていただけるようにしております。

なるべく怖がることのない治療の徹底

子供は口の中に異物が入ることに対してとても敏感です。理解もできず、口を開けさせられて歯を削られるのだから、歯医者が嫌いになるのも当然かもしれません。歯医者が嫌いになり、行くことが怖くなってしまうことは歯の治療や予防が遅れてしまうことになってしまいます。
当院ではお子様が治療に怖がることないようまずはお子様と話しかけてコミュニケーションを図ります。その上で痛みを伴わない治療を心がけ、不安や恐怖心も持たないよう配慮して治療を行います。

子供の歯は虫歯になりやすい

乳歯は歯の表面のエナメル質が薄く、また生えたての永久歯も組織が未熟で虫歯になりやすいので予防が必要です。当院では虫歯を予防するための処置を行っております。むし歯になってから削って治療をしていては、現状の根本的な解決にはなっておりません。不充分なブラッシング、糖の多い食生活を見直すことと同時にフッ素塗布などを施し、むし歯にならない口腔環境を獲得しましょう。

子どもの歯の健康を考える上で、お母さんたちが注意すべきこと

虫歯や歯周病は、お子様だけでなく家族みんながきちんとケアする必要があります。食事のときにお母さんが小さな子どもに自分のスプーンを使うことがありますが、大抵の場合はそこでお子様に虫歯菌がうつってしまいますので注意が必要です。

お母さんたちは出産の影響や育児疲れなどでホルモンバランスが変わり、虫歯になりやすい状態にあります。たとえ歯が痛くても、忙しくて歯科医院に行く時間がないからと言って治療を後回しにするのはお子様にとっても良くないことなのです。

通院となると子どもを毎週誰かに預けることになり、躊躇される方も多いかと思いますが、当院はお子様連れで診療を受けられる環境を整えております。お子様の歯の健康のためにも、まずはご自身の歯をきちんと治していきましょう。

小児矯正で歯並びと骨格を整えます

全ての歯が永久歯に生え変わる前に小児矯正を行うことには、多くのメリットがあります。成長期の子供の骨は柔らかく、幼少期の癖や生活習慣によって簡単に歯並びに悪影響が出てしまいますが、逆に小児矯正治療で正しい発育を促すことも可能なのです。
小児矯正は「骨格矯正」「発育矯正」とも呼ばれます。現代の食事は柔らかいものが多く顎が十分に発達しないため、永久歯が入りきらずに歯列が乱れてしまっているケースは非常に多いです。

出っ歯や受け口など、見た目にも関わる歯並びはお子様にとってコンプレックスにもなりますので、早期に改善してあげることが大切です。症状によっては治療の開始時期が遅れると十分な効果が得られず、大人になってからの矯正は外科処置が必要になったり費用が多くかかります。また、歯並びが悪いと隙間に汚れが溜まりやすくなり、虫歯や歯周病のリスクも高まります。治療の必要が無くても、お子様のお口の状態を知っておくことは大切ですので、気になる方は一度ご相談下さい。

床矯正装置を使った歯列の拡大

床矯正装置とは、小さな顎を拡げ、1本1本の歯がきちんと収まるスペースを作るために使用する装置です。歯の土台となる顎の骨の形や大きさをあらかじめ整えておくことで、将来抜歯を行う可能性は大幅に減少します。

床矯正装置は取り外しが可能なため、人と会う時は装置を外して矯正していることを知られずに過ごすことができます。歯の位置の移動や歯列幅の拡大を少しずつ行い、全ての歯が永久歯に生え変わった時に、きれいな歯並びが完成している状態を目指します。

虫歯の予防方法

フッ素塗布

フッ素塗布イメージ画像歯磨き粉などにも含まれている成分ですが、フッ素は歯に塗布することで虫歯予防の効果が得られます。フッ素は歯の表面のエナメル質の成分と結びついて、フルオロアパタイトという硬い構造を作りあげます。この働きにより虫歯になりにくい歯にしてくれます。また、フッ素は抗菌作用もあるので予防効果が高いとされる処置方法です。

シーラント

シーラントイメージ画像虫歯の原因となる食べかすや磨き残しの原因となる歯の凹凸の溝にプラスチック製の樹脂[シーラント]の一種で溝を埋めることにより、食べかすが入り込むのを防ぎます。シーラントは予防のために行い、保険適用内で行うことができます。しかし、すでに虫歯になってしまっている歯には行えませんのでご注意下さい。

歯科衛生士によるブラッシング指導

歯科衛生士によるブラッシング指導イメージ画像歯磨きが適切に行われていないと食べかすが溜まってしまい、虫歯の原因となります。お子様の歯並びの特徴、食べかすが残りやすい部分を確認して、正しい歯磨きの方法をお子様はもちろんのこと、ご両親にもわかりやすく説明させていただきます。

CONTACT

06-7638-1212メール相談