矯正歯科orthodontics

Get beautiful tooth alignment Orthodontics treatment 綺麗な歯並びを手に入れる矯正治療

綺麗な歯並びを手に入れる矯正治療


矯正歯科とは?

矯正治療とは歯並びや歯のかみ合わせが悪い場合に行う治療方法です。歯並びや歯のかみ合わせが悪いと、歯と歯の間に隙間ができてしまい、歯磨きをしても上手に磨くことができません。

そして、磨き残した部分に歯垢や歯石が溜まってしまうため虫歯や歯周病になりやすくなってしまいます。その他にも顎の成長を妨げたり、審美的によくないので精神的に悩まれることがあります。矯正治療は歯並びをよくするだけではなく、口腔内の環境や体全体にも良い影響があります。

当院の治療方法と比較

当院では主にブラケット(表側矯正)とマウスピースの矯正がございます。矯正治療は矯正装置(ブラケットやマウスピース)を使用して歯を正しい位置に整列させることで審美的にキレイにするだけでなく、口腔内の環境も良くなります。


抜歯せずに治療ができる部分矯正

エクストルージョン

エクストルージョンとは、深い虫歯の治療や歯の破折が原因で、歯質が歯肉と同じラインまたは歯肉より下にある場合に行うプチ矯正です。被せ物治療には歯肉よりも上に歯質(フェルール)があることが重要ですが、これがないときれいに被せ物が入らず、細菌感染のリスクも高まります。本来なら抜歯してインプラント治療となる症例でも、エクストルージョンによって歯を残すことが可能となります。

通常の歯列矯正では歯を前後や左右に動かしますが、エクストルージョンではフック状の装置を使って歯根が歯肉の上に来るように引き上げます。噛み合わせ時の負荷によって被せ物が取れたり土台が破損するのを防ぎ、咬合力を上手く分散させることができます。


アップライト

アップライトは、傾いている歯を真っすぐに治すための矯正治療です。歯が抜けたまま長期間放置していると、抜けた歯の後ろの歯が空いた空間に向かって倒れてきます。歯並びの変化によって噛み合わせのバランスが崩れ、虫歯や歯周病を引き起こしやすくなりますので、抜けた歯の治療が出来るようにアップライトで歯を起こし、機能的な噛み合わせを整えます。

矯正方法としては、傾いている歯の後ろにインプラントアンカーを打ち、歯にゴムを取り付けて少しずつ歯を引っ張っていきます。治療期間は長くなりますが、エクストルージョンと同様に抜歯を避けることができ、自分自身の歯を使い続けられるというメリットがあります。

小児矯正について

小児矯正は予防のための治療です

永久歯列になる前に、成長期の力を利用して行うのが小児矯正です。小学校高学年くらいになり、完全な永久歯列になってからは本格矯正と呼ばれる大人の矯正と同様の治療を行います。
成長期は骨が柔らかく、矯正装置を使った歯列の拡大や歪んだ骨格の修正が可能な時期です。この時期に歯の土台部分を整え、永久歯が正常に生えて咬み合わせに問題がなければ、将来やむを得ず抜歯や歯科治療を行う必要はなくなります。そういった意味で、小児矯正は一生におけるお口のトラブルを予防する効果があります。


床矯正について

昔に比べ、顎が小さくて細い子を本当によく見かけるようになりました。顎が小さいとそれだけ小顔になりますが、歯の大きさ自体は変わっていないため永久歯が並ぶ空間を確保できません。こうして叢生(乱ぐい歯)や出っ歯などの不正咬合が起こります。床矯正は、この細くて小さい顎を成長に合わせて無理なく拡げる装置です。
床矯正装置にはネジがついており、ネジを徐々に回して少しずつ装置を拡げ、歯や歯肉に内側から力を加えていきます。床矯正装置は常に装着している必要はなく、食事や歯磨き、音楽の授業などに自由に取り外すことができます。拡大するのはあくまで歯が生えてくる部分の骨(歯槽骨)で、顔が大きくなる訳ではありませんのでご安心下さい。咬み合わせが整うことで抜歯のリスクも減少しますので、お子様の成長が止まる前に、床矯正で歯並びのお悩みを解決していきましょう。


T4Kでは口腔筋トレーニングによる歯列矯正を行います

小さな子供にはそれぞれ舌癖があり、その中には舌を突き出す癖がある子、口呼吸をしている子もいます。年齢が上がって自然に癖が治る分には問題ないのですが、いつまでも治らないままでいると顎の骨や顔周りの筋肉が十分に発達せず、結果歯並びが悪くなってしまいます。

T4Kは、口腔筋を利用して悪い癖の改善と歯列の矯正を行う装置です。口腔筋機能を鍛えて舌や顎の位置を本来あるべき場所に戻し、口呼吸を改善するとともにお子様の正常な歯列形成を促します。
マウスピース型で取り外しが簡単な上に、常に装着している必要がないのがT4Kのメリットです。就寝中と就寝までの数時間だけ入れておけば良いので、学校で矯正していることを知られずに過ごすことができます。矯正の目安としては、乳歯から永久歯に生え変わる混合歯列期に始めるのが良いでしょう。

成人矯正について

インビザライン

審美性が高く、自由に取り外しができるインビザラインは非常に人気があります。インビザラインは透明のマウスピース型の矯正装置で、装着していても人に気付かれることがほとんどありません。人と接する機会の多い方には特におすすめの方法です。
その他にもインビザラインには取り外しが簡単、装置を気にせず食事を楽しめる、装置を清潔な状態に保ちやすいなどのメリットがあります。世界中で多くの治療実績があり、3Dのシミュレーション映像を通して治療のゴールを明確化できるため、患者様も主体的に治療に取り組めます。
ただし、インビザラインは装着時間を守らないと十分な効果が得られず、治療期間が長くなりますので注意が必要です。また、マルチブラケットに比べて適応できる症例が限られますので、お口の状態によってはインビザラインが受けられない場合もあります。


マルチブラケット

マルチブラケットは、従来から行われている最も一般的な矯正方法です。歯にブラケットという金属の金具を装着し、そこにワイヤーをかけて患者様の歯を少しづつ動かしていきます。ほとんどの症例に適応可能で、効果的に歯並びを整えられる点から現在もマルチブラケットを使った矯正治療が行われております。
ブラケットやワイヤーの色・素材を変えられるようになったことで、これまで矯正治療に躊躇していた方も見た目を気にせず矯正に臨めるようになりました。金属を一切使用しない素材を選択すれば、金属アレルギーの方も安心して治療を受けることができます。治療中は取り外すことができず、はじめのうちは多少の違和感や磨きづらさがありますが、慣れてくるとさほど気にならずに生活できるようになります。

矯正治療に必要なこと

矯正治療は虫歯などの通院に比べると長い通院期間が必要となります。通院する患者様の声として、「早く治したいからできるだけ通院期間を短くしてほしい」と言われますが、矯正治療は歯に一定方向の力を少しずつ加えてゆくことで、歯の支えを徐々に変えていくことで正しい位置へと整列させます。
可能な限りゆっくりと時間をかけていかなければ、歯へダメージを与えることになってしまいます。



カウンセリングを行います

当院では矯正のカウンセリング(相談会)を行っています。矯正専門の歯科医師が患者様の症状をお伺いし、適切な治療方法を詳しくご説明します。また初回につきましては相談料をいただいておりません。相談は約1時間を予定しており、ご質問に答える時間も充分にありますので何でもお気軽にご質問ください。

CONTACT

06-7638-1212メール相談