インビザライン

ひらやま歯科クリニックのインビザライン治療Invisalign

マウスピースを用いた快適な矯正治療

マウスピースを用いた快適な矯正治療

透明な樹脂製のマウスピースを使った歯列矯正なら、周囲に気付かれずに歯並びを整えることが可能です。施術に伴う痛みも少なく、快適な矯正期間を過ごすことができます。当院では、マウスピース型矯正装置の代名詞ともいえる「インビザライン」を取り扱っております。

こんなお悩みはありませんか?
  • 悪い歯並びが口元のコンプレックスになっている
  • 矯正を受けたいけれど痛みや不快感が心配
  • 矯正中であることを周りに気付かれたくない
  • 矯正装置による金属アレルギーが不安
  • 矯正中は上手く歯磨きできそうにない

このような悩みを抱えている人には、インビザラインによる歯列矯正がおすすめです。

インビザラインとは?

インビザラインとは?

インビザラインとは、世界で最も普及しているマウスピース型矯正の一種です。透明な樹脂製のマウスピースを装着して、歯並びを少しずつ整えていきます。歯列にぴったりとフィットするデザインは、違和感・異物感を引き起こしにくいです。歯が移動する際に生じる痛みも比較的軽くなっています。

インビザラインのメリット
透明で目立ちにくい

マウスピースは透明な樹脂で作られており、装着している状態でも目立ちにくいです。

虫歯・歯周病のリスクが低い

矯正前と同じように歯磨きできるため、虫歯や歯周病のリスクが高くなることはありません。

矯正に伴う痛みが少ない

比較的弱い力で歯を移動させるため、矯正に伴う痛みが少ないです。コンピューター上で治療プロセスを管理する管理することで、着実に歯を移動させることができます。

金属アレルギーのリスクがゼロ

マウスピース型矯正では金属が用いられないため、金属アレルギーのリスクもゼロとなります。

通院頻度が低い

インビザラインは、2ヶ月に1回程度の通院で矯正を進めていくことができます。

歯や顎への負担が軽減される

マウスピースがクッションとしての役割を果たすことから、歯や顎にかかる負担を軽減できます。その結果、顎関節症などのトラブルを予防しやすくなります。

その他の矯正法との比較

※表は左右にスクロールして確認することができます。

  インビザライン ワイヤー矯正 裏側矯正
見た目 ×
痛み・不快感 〇(少ない) ×
取り外し × ×
金属アレルギー ◎(リスクはゼロ) × ×
お手入れ × ×
費用 ×(やや高い)
インビザラインで歯が移動する仕組み

インビザラインで歯が移動する仕組み

インビザラインによる歯列矯正では、2週間に1回程度の頻度でマウスピースを交換し、歯を移動させていきます。1つのマウスピースで移動できる量は、150ミクロン(0.15mm)~250ミクロン(0.25mm)程度です。緩やかではありますが確実に歯を移動させていくのがインビザラインの特徴です。

歯の移動速度や矯正力はコンピューター上で厳密に管理されています。マウスピースの装着時間や交換頻度を守ることで、シミュレーション通りに歯並びを矯正できます。

3Dスキャナーによる歯型取り

3Dスキャナーによる歯型取り

インビザラインでは、アイテロエレメントと呼ばれる3Dスキャナーを用いて歯型取りを行います。小型のスキャナーを口腔内にかざすだけで精密な歯型のデータが得られます。

シリコン素材を用いた従来の歯型取りが不要となり、患者さまへの心身への負担も軽減されます。また、歯を並べるソフトを用いて簡易診断ができるため、その場で治療後のイメージを得られることができますので、矯正治療を迷われている方もどうぞお気軽にご相談ください。

iTero element(アイテロエレメント)の特徴
シリコン素材による不快な型取りが不要

シリコン印象材をお口の中に挿入する従来の型取りが不要となります。

口腔内スキャンにかかる時間は10分程度

スキャナーを口腔内に挿入して歯型のデータが得られるまでには10分程度かかります。

瞬時にデータ化できる

スキャンした歯型の情報は、瞬時に利用可能なデータへと変換できます。

マウスピース製作の期間を短縮できる

歯列の模型をアメリカへ輸送する手間が省けるため、マウスピース製作にかかる期間が大幅に短縮されます。