入れ歯dentures

We Propose The Optimum Dental 最適な義歯をご提案致します。

お子さんの乳歯や永久歯を守る治療を行います


入れ歯(義歯)とは?

歯を失ってしまうと、無くなった歯の両隣の歯が支えを失ってしまい、健康な歯にも影響を与えてしまいます。歯を補わないと、次々と歯を失うことになる原因となりますので健康な歯を維持するためにはまず歯を失ったらすぐに歯を補うための治療が必要です。

入れ歯(義歯)は歯を補うための治療の一つで、失った歯を人工の歯で補います。最近は開発・技術改良などにより、様々な義歯がございます。当院では患者さまの生活環境をお伺いし、最適な義歯をご提案いたします。

入れ歯(義歯)の治療方法

歯を1本失った場合

失った歯の両隣りにある健康な歯を削って土台を作ります。
橋渡しをするような感じに人工の歯を入れて欠損部分を補う治療法です。橋を架ける形と似ているので「ブリッジ」と呼ばれています。

歯を1本失った場合

歯を失った部分に装着する入れ歯 (義歯)です。残っている歯にカギのついたバネをかけて固定します。

歯を全て失ってしまった場合

すべての歯を失った場合に使用する入れ歯です。あごにぴったり合うように作ります。

入れ歯の種類について

入れ歯には、保険適用の入れ歯(レジン床義歯)と自由診療の入れ歯(金属床義歯・ノンクラスプ義歯・アタッチメント義歯など)と大きく分けるとこの2種類があります。保険適用の入れ歯は材質を選ぶことはできませんが、自由診療の入れ歯では食感・着け心地・審美性などの違いがあります。


保険適用の入れ歯 自由診療の入れ歯
素材 プラスチック さまざまな素材あり
装着時の感覚 プラスチックで分厚いため、違和感がある 違和感が少ないものが多い
強度 壊れやすい 長持ちしやすい
熱の
伝わり
プラスチックで分厚く熱が伝わりにくいので温度が感じにくい 熱が伝わりやすいので温度を感じる
味覚 プラスチックで分厚いため味覚が感じにくい 温度や味覚が感じやすい
審美性 プラスチックであることが分かる 自然な歯肉に見えるように作られている

金属床義歯に使用する金属の種類

白金加工(プラチナ&ゴールド)

酸化や腐食したりせず、金属が溶け出すこともない、とても体に優しい金属です。加工・操作性も高く、お口にぴったりと合った金属床を作成することができます。

チタン

コバルトクロムよりも軽く、生体親和性が高い合金です。
金属アレルギーの心配が少なく、インプラントや人工関節としても使用されています。

コバルトクロム

熱伝導に優れ、加工も比較的容易な合金です。
金属床部分としてもっとも一般的に使用されています。


入れ歯以外の治療法

歯を失って治療する方法は義歯(入れ歯・部分入れ歯・ブリッジ)以外には『インプラント』があります。インプラントは人工の歯根[インプラント体]を埋め込み、人工歯を装着する治療方法です。インプラントの素材であるチタンは顎の骨と強固に結合するため、ほとんど自分の歯と変わらない感覚で、固い食べ物でもしっかり噛めるようになります。※詳細はインプラントページへ

ブリッジ・入れ歯・インプラントの違い
ブリッジ 入れ歯 インプラント
比較
長所 保険適用可能
違和感が少ない
保険適用可能
身体への負担が
ない

前身の疾患があ
ても治療できる
審美的にきれい
しっかり噛むこ
ができる

違和感が少ない
短所 左右の歯を削
土台となる歯が
必要

土台となる歯の
寿命が短くなる
異物感がある
食事中に外れた
する場合がある

他の健康な歯を
る場合がある
外科手術をする
必要がある

顎の骨の密度が
必要になる

費用が高い
保険が適応
できない
費用 保険適応から自費診療まで選択できる 保険適応から自費診療まで選択できる 自費診療
治療 土台と両端の歯に負
担がかかる
負担が少ない 外科手術が必要
管理 定期的な管理が必要 定期的な管理が必要 6ヶ月に一度メンテ
ナンスが必要
噛む力 過度な負担はできない 硬いものが咬めない 硬いものが咬める

※各々それぞれにメリットデメリットがございます。患者様の生活環境やご要望に応じて、適切な治療方法をご提案させていただきます。

目立たない部分入れ歯 ノンクラスプデンチャー

審美性の高い部分入れ歯をご希望の方には、ノンクラスプデンチャーをおすすめ保険診療の部分入れ歯は残っている歯にクラスプ(金属のバネ)を引っ掛けて固定しますが、自費診療のノンクラスプデンチャーは特殊な樹脂素材の床で入れ歯を安定させます。

樹脂素材は歯肉と近い色をしており、さらに金属を使用していないため、口を開けても目立たず入れ歯だと気付かれにくいメリットがあります。また、薄くても十分な強度があり、装着時の違和感がなくフィット感があるのも特徴です。従来の部分入れ歯と比べ、使い心地の良さはもちろん、咀嚼や発音などの機能性も維持できる点はノンクラスプデンチャーの大きな魅力です。

CONTACT

06-7638-1212メール相談